コース紹介

  • HOME
  • >
  • コース紹介

船橋駅から徒歩約12分、最短3ヵ月半で資格が取れる!

学校法人朝日学園 船橋日本語学院

 

日本語教師養成講座 2024年4月期生 現在募集中!

文化庁届出受理番号:H29041412002

旧校名:SMI言語教育学院

コース紹介

3ヵ月420時間コース​

3ヵ月半で、日本語教師の認定に必要な420単位時間の理論・実技講習を修了する通学コースです。短期間で集中して日本語教師の資格を取得し、すぐに教壇に立ちたい方向けのコースです。

6ヵ月420時間コース

理論と実技に分け、3ヵ月半ずつ2期に渡って受講する通学コースです。午前または午後のみの受講で、日本語教師の認定に必要な420単位時間の理論・実技講習を修了します。半日しか時間が取れない方や、時間をかけてじっくり予習・復習しながら資格を取得したい方向けのコースです。

420時間コース学費

入学金授業料
(理論テキスト代含む)
総額
50,000円(税込)530,000円(税込)580,000円(税込)

※受講料にはアルク社の通信講座『NAFL日本語教師養成プログラム』の費用が含まれています。

※お得な「早期受講申込割引」「新卒者サポート割引」「退職者割引」もございます。詳しくはこちらをクリック!

『NAFL日本語教師養成プログラム』を既にお持ちの方は、受講料から50,000円割引致します。
※実技テキスト『みんなの日本語初級Ⅰ・Ⅱ』第2版(スリーエーネットワーク社)をお持ちでない方は、別途お求め下さい(5,000円+税)
『みんなの日本語初級Ⅰ・Ⅱ』第2版は、講座初日に学校で購入することも可能です

実技実習コース​

日本語教育能力検定試験に合格された方、大学、大学院で日本語教育課程(主専攻・副専攻)を修了された方など、すでに資格をお持ちの方で、教壇に立つための実践的技術と自信を身につけたい方向けの、3ヵ月半の実技講習のみのコースです。(※420単位時間の講習時間を満たしていないため、実技実習コースだけでは日本語教師の資格を取得できません。ご注意ください。)

実技実習コース学費

入学金受講料
総額
50,000円(税込)250,000円(税込)300,000円(税込)

※お得な「早期受講申込割引」「新卒者サポート割引」「退職者割引」もございます。詳しくはこちらをクリック!

※実技テキスト『みんなの日本語初級Ⅰ・Ⅱ』第2版(スリーエーネットワーク社)をお持ちでない方は、別途お求め下さい(5,000円+税)
『みんなの日本語初級Ⅰ・Ⅱ』第2版は、講座初日に学校で購入することも可能です。

講座スケジュール

・4月期(4月講座開始、受講期間4月~7月)

・8月期(8月講座開始、受講期間8月~11月)

・12月期(12月講座開始、受講期間12月~翌年3月)

※原則として年3回開講しています。

  → 今年度のスケジュール (「早期受講申込割引」〆切日も掲載!)

  → 今年度のカレンダー (講座開始日と修了日がひとめでわかる!)

時間割

タイプJ

 時限時間
実 技

1 時 限

  9:00 ~  9:45
2 時 限  9:55 ~ 10:40
3 時 限10:50 ~ 11:35
昼休み
理 論

4 時 限

12:35 ~ 13:20
5 時 限13:30 ~ 14:15
6 時 限14:25 ~ 15:10
7 時 限15:20 ~ 16:05

タイプR

 時限時間
理 論

1 時 限

  9:00 ~  9:45
2 時 限  9:55 ~ 10:40
3 時 限10:50 ~ 11:35
4 時 限11:45 ~ 12:30
昼休み
実 技5 時 限13:30 ~ 14:15
6 時 限14:25 ~ 15:10
7 時 限15:20 ~ 16:05

※一期毎に「タイプJ」と「タイプR」の時間割が入れ替わります。上記「講座スケジュール」をご覧ください。

420時間コース内訳

履修科目単位時間数
 日本語の文字表記12
 聞き方の教育/読み方の教育8
 話し方の教育/書き方の教育8
 日本語教育評価法8
 コースデザイン8
 能試・留試・留学生の進学指導4
 異文化間教育とコミュニケーション教育8
 日本語の文法44
 日本語の音声32
 日本語の語彙・意味12
 言語学の基礎4
 認知科学4
 視聴覚メディアと日本語教育4
 日本語教授法20
 第二言語習得論10
 日本語の話しことば4
 日本人の言語行動8
 対照言語学10
 世界と日本12
 入管法と在留資格4
 日本語教育の現状16
 日本語史/日本語教育史12
 社会言語学8
 異文化理解と心理8
 (補足授業)※内容は学期によって異なる4
 実技193
 修了試験[実技]13
 修了試験[実技筆記]1
 検定試験ガイダンス1
480

※420時間コースは、上記480単位時間のうち、所定の420単位時間以上の出席が必要です。

※実技実習コースの履修科目は、上記のうち「実技」と「修了試験[実技]」「修了試験[実技筆記]」になります。

※「実技」には、併設する日本語学校で行う「教育実習」が含まれています。

テキスト

理論テキスト

NAFL日本語教師養成プログラム(アルク社)

※受講料に上記教材費が含まれています。
(既にお持ちの方は、受講料から50000円割引いたします。)

実技テキスト

みんなの日本語初級Ⅰ・Ⅱ 第2版(スリーエーネットワーク社)

※お持ちでない方は、別途お求め下さい。(5000円+税)
講座初日に学校で購入することも出来ます。

修了基準

下記の要件すべてを満たした方に「修了証書」と「履修・成績証明書」を授与致します。
①出席時間が420単位時間以上であること

②所定の教育実習を行うこと

③全ての試験に合格すること