講座の特長

  • HOME
  • >
  • 講座の特長

船橋駅から徒歩約12分、最短3ヵ月半で資格が取れる!

学校法人朝日学園 船橋日本語学院

 

日本語教師養成講座 2024年4月期生 現在募集中!

文化庁届出受理番号:H29041412002

旧校名:SMI言語教育学院

講座の特長

1

最短3カ月

日本語教師になる為の養成講座は、6ヵ月~1年ぐらいの講座が多いですが、当講座は、最短3ヵ月半で420単位時間の日本語教育養成講座を修了でき、短期集中で日本語教師を目指すことができます。また3ヵ月半を2期にわたり約6~7ヵ月で修了を目指す6ヵ月コースもございます。ご自分の都合にあったコースを選ぶことができます。

※コース紹介はこちらへ。

2

日本語学校併設​

同じ建物にある日本語学校で、本物の留学生を前に教育実習ができ、常に実際の教育現場の雰囲気を感じながら学ぶことができます。

★丁寧な教育実習の流れ:課題やポイントの説明→日本語学校クラス見学→教案&教材作成→模擬授業数回→講師や受講生仲間のアドバイス→教案改良→教育実習本番!→講評→振り返り

3

日本語教師養成プログラム

理論科目のテキストとして「日本語教育能力試験」に対応したアルク社の通信教育「NAFL日本語教師養成プログラム」の教材を採用しております。また「NAFL日本語教師養成プログラム」の教材を既にお持ちの方は、受講料から50,000円割引させていただきます。

4

即戦力​

講義は理論はもとより、教案作成、模擬授業、教育実習に重点をおき、即戦力として活躍できる知識と技術を身に付けることができます。

実践的指導で、修了後、すぐに教壇に立てる人材育成に力を入れております。

5

無料再受講​

ご都合により受講できなかった科目/再度受講したい科目がある場合には次の期に無料で受講することができます。

病気等で長期休学した場合は、来期以降、続きから受講することができます。

※途中退学の場合の返金規定についてはこちらへ。

6

能力検定試験対策

日本語教育能力検定試験対策講座が夏~秋にかけて開講されます。日本語教師養成講座の受講生は特別割引料金で受講することができます。

7

就職支援​

講座修了後の進路として、国内外の提携校の情報を得ることができ、なおかつ就職支援を受けることができます。

実際、多数の修了生が関連校で活躍中です。

8

住まいのサポート

地方や海外から受講の方には、受講中のお住まいのサポートも行っておりますので、安心です。

マンスリーマンション、シェアハウスなど、ご予算に合わせ、学校近隣の短期のお住まいをご紹介いたします。

告示校で日本語を教える場合の教員要件

「留学」の在留資格で留学生を受け入れる日本語学校は、出入国在留管理庁が定めた「日本語教育機関の告示基準」を満たさなければなりません。

この基準を満たした学校(告示校)で留学生を教える場合は、大きく次の3つのうちのいずれかに該当する必要があります。


(1)大学、大学院で日本語教育課程(主専攻、副専攻)を修了された方

(2)「日本語教育能力検定試験」に合格された方(学歴は問いません)

(3)四年制大学卒業以上の方で、文化庁に届け出を受理された420単位以上の日本語教師養成講座を修了された方


当講座は(3)に該当し、四年制大学卒業以上の方は、修了後すぐに告示校で留学生を教える資格が得られます。

※四年制大学卒業以外で告示校での勤務を希望される方は、当講座修了後、「日本語教育能力検定試験」も合わせて受験される方が多いです。

沿 革

10数年の歴史と経験の積み重ねがあります。2021年に修了生は250名に達し、国内外の日本語教育機関で活躍中です。

2009年04月 船橋国際外語学院 日本語教師養成講座 開講準備室 発足

2009年07月 船橋国際外語学院 日本語教師養成講座 開講

2009年09月 第1期生 修了

2011年02月 厚生労働省 教育訓練指定講座 認定

2011年08月 日本語教育能力検定試験 対策講座 スタート

2012年01月 SMI言語教育学院に校名変更

2012年06月 第10期生 修了

2014年12月 第20期生 修了

2017年04月 文化庁に届出受理 (受理番号 H29041412002)

2017年08月 第30期生 修了

2020年12月 第40期生 修了

2021年10月 (株)戦略経営総研より学校法人朝日学園に事業譲渡

2022年04月 学校法人朝日学園に設置者を変更

2023年12月 学校法人朝日学園 船橋日本語学院 日本語教師養成講座に名称変更